「どうして……!どうしてこれ以上お母さんを傷付けようとするの!?」

「……それが、私たちの仕事だからです」

泣き続け、怒りをぶつける少女に、最年少監察医は淡々と答える。わかってもらえるまで、何度でも……。





「われわれは犯罪者をつくる多くの法律を制定するのみで、彼らを罰する法律は少ない」


この作品のキーワード
最年少監察医  ひき逃げ  社長令嬢  揉み消し  法律  被害者家族    怒り