「道は開きましたよ。とっととお行きなさい」

 声をかけられて、ようやく理解が追い付いたのか。

 びくんっとしたカマルが、アサギを振り返る。そして、ぽんっと人間の姿に化けて、改めてリリア達を見た。

「お、俺、やったんですか? 成功?」

 これからのことを思っているのだろう。大きく見開かれた目、両足もわなわなと期待に震えていた。

 挨拶に行ったっきり、会えていない恋人との再会でもあるのだ。

 ああ、これが恋なんだなぁとリリアは思った。

「ほら、さっさと行く! 少しでも早く彼女に会いたいでしょ?」

 リリアが発破をかけてやると、カマルが「はい!」とジャンプしつつ答えた。

 直後、彼が走り出した。開いた道の向こうへ、どんどん駆けていくと、あっという間にその後ろ姿は見えなくなっていった。
 

 見届けたのち、アサギの案内で、カマルが開いた入口から元の屋敷の敷地内へと戻った。

 いつの間にか日差しの傾きが変わっていた。

 妖怪国では、人間界と時間の流れが少し違っている。びっくりしたリリアのかたわらで、魔法による〝知らせ〟を受け取ったサイラスが、小さく溜息をもらした。

「じゃあな」

 そう告げると、サイラスもまた帰って行った。

 結局のところ何をしに来たのかしらと、リリアは首を傾げたのだった。