王都は、再び朝を迎えた。

 学院が稼働を始めた頃、王宮の勤務も本格的に動き出していた。サイラスは、これから公務へと乗り出すため、自身の執務室で資料とスケジュールを確認していた。

 必要があったので、学院は急きょ休んだ。

 ――この機会は逃せない。

「最近、アグスティーナ嬢は大胆になってきてるな」

 思案気に机の上をトントンと指で叩きながら言えば、近くにいるコンラッドから返事が返ってくる。

「焦りがあるんでしょう。隣国との縁談話が上がっているようですから。彼女の父としては、侯爵家ではなく、王族に嫁がせたい考えのようです」

 話を聞きながら、サイラスの目が別件の集まりの案内状へと向く。

 これは、今から足を運ぶ軍のものとは関係がないものだった。わざわざ自ら開催有無を確認しに行き、父と兄も出るついでに自分も出せ、と言って参加権を取ってきたものだ。

『父君と兄君からも、お忙しいとは聞いております。……ご多忙なのによろしいんですか?』

 あの時、家臣が目を丸くしていたのを覚えている。