と、なると。



「アメが“天色”を抜けた理由は、アイツが絡んでるとしか考えられねぇな」


「チッ、なんでアメさんがっ!!」



ガンッ!!



勇が近くにあったテーブルを叩いた。ガラス素材だったためか少しヒビが入ってる。




……おい、それ俺の机じゃねぇか?



ッチ、こんの馬鹿力が!……後で給料からガラスの弁償代引いておくか。





「なんで、なんでアメさんは俺らのことを頼らねーんだよ!」





勇が悔しそうに顔を歪めて、声を吐き出す。




……確かに、アメは俺らのことを頼らない。



なぜか?と聞いたら、きっとあいつは“もうこれ以上迷惑は掛けられない”とか言うんだろう。





そんな事、俺らは一切気にしないのに。








だから、







「屋上にいる“アイツら”に賭けてみようぜ」










────もう誰でもいいから、あいつを救ってやってくれ。