この話は、私の幼なじみである伊吹 睡蓮先生の「並行世界-パラレルワールド-」を親友サチ視点から書いたものです。実際私と伊吹先生の関係は学校も違い、年に1、2回しか会うことが出来ず、先生の話を読んで先生がどれだけ辛い思いをしてきたかっていうのを知りました。なので、もし私が先生と同じ学校で同じクラスだった時にどう行動してあげられるだろうということを考えながら書きました。実際話を聞いてあげることしか出来なかった私の後悔とともに
思いを込めて書きました。

あらすじ

「もう、死にたいよ……!」もし、あなたの1番の友だちが心の中でこう叫んでいたら、気づいてあげることはできますか?

この作品のキーワード
束縛  学校  中学校  友だち  友達  幼なじみ  いじめ  悪口  陰口  部活