あいつ(ボブさん)と離婚をしてから1年後の2014年9月頃…

アタシは、シカゴにいた。

アタシは、西海岸を目指してヒッチハイクの旅をしていた。

けれど、残っている蓄えは3ドル40セントしかないので、シカゴで足止めを食った。

もう一度、旅費と生活費を稼ぎなおすためにシカゴ市内でバイトを始めた。

朝7時から11時までの間はベストウエスタン・リバーノースホテルのフィットネスセンターとサウナと屋内プールのアメニティ…

昼1時から夕方4時までワーグリーンズ(ドラッグストア)でバイト…

夜は6時から深夜11時までリグレーフィールドスタジアムの近くにあるスポーツバーでウエイトレス…

…と3つのバイトで働いていた。

ベストウエスタン・リバーノースホテルのリネン室の片隅がアタシの仮住まいである。

日当合計28ドル10セントで、月20日働いて56ドル20セント…

その中から毎月50ドルを貯金して、残りの5ドルを生活費に充てる。

それでもまだ足りないから、リグレーフィールド(カブスの本拠地)とUSセルラーフィールド(ホワイトソックスの本拠地)でピザとビールの売り子、ユナイテッドセンター(NBAのシカゴブルズの本拠地)のスタンドでサンドイッチ売りの売り子、ソルジャーフィールド(NFLのシカゴベアーズの本拠地)のスタンドでビールの売り子でお金を稼いだ。

4ヵ所とも日払いで30ドル…

それでもまだまだ足りない…

できれば、バンス(お給料の前借り)したいけど、できない。

なので、郊外南部にあるグレンウッディークラブ(ゴルフ場)で時給12ドルのキャディさんのバイトでお金を稼いだ。

とにかく、一刻も早く西海岸へ行きたい…

アタシの気持ちは、ひどくあっていた。

時は流れて…

2014年9月16日のことであった。

ところ変わって、グレンウッディークラブ(ゴルフ場)にて…

この日、アタシはキャディさんのバイトをしていた。

アタシは、60代の男性のメンバーのお客様の担当した。

「社長、ここはリラックスをして…」

メンバーのお客様は、池の向こう側にあるグリーンにボールがのるように、五番アイアンで少し強めにボールを打った。

ボールは、楽々グリーンに乗った。

同伴のお客様は『ナイスショット、お見事です。』とほめながら拍手した。

それから二時間半後のことであった。

ホールアウトしたメンバーのお客様たちは、クラブハウスにあるレストランに行った。

冷えたピルスナーで乾杯して、和気あいあいのひとときを過ごしている。

日当60ドルを受け取ったアタシは、ゴルフ場を出て夜のバイト先へ向かおうとしていた。

その時、アタシは支配人に呼びとめられた。

支配人は、ヘラヘラした口調で『(総合商社の社長さん・アタシがキャディの担当したメンバーのお客様)がアリョーナちゃんとお話ししたいと言うているけど、いいかなぁ~』と言うた。

アタシは『夜のバイトに行く時間だから、またの機会にしてよ!!』と支配人に言い返した。

支配人は、オカマ声で『ワシのたのみを聞いてくれないのか…死んでやる!!』と言うて、アタシの前でメソメソメソメソメソメソメソメソ泣いた。

支配人からおどされたアタシは、仕方なくクラブハウスのレストランに行った。

ところ変わって、クラブハウスのレストランにて…

メンバーの男性たちは、ピルスナーをのんでジョウキゲンになっていた。

メンバーの男性は、トリビューンタワーの中にある総合商社の社長さんである。

アタシがもくもくとキャディさんのバイトに精を出している姿を見て、なんとかしてあげたいと思ってお声をかけてくださった。

なんとかしてあげたいと言うけど、それってどういうことかしら…

アタシに、社長さんのテカケ(愛人)になれと言うことぉ~

ワケが分からない…

アタシがレストランに到着した時であった。

にこやかな表情の社長さんは、アタシを手招きで呼んだ。

ちょっと…

アタシは、あんたの小イヌじゃないわよ…

初対面の女を手招きで呼ぶなんて、なれなれしいわね!!

ムッとした表情を浮かべているアタシは、社長さんが座っている席の向かい側のイスに座った。

社長さんは、なれなれしい声でアタシに言うた。

「今日は、最初から最後までキャディのお仕事ごくろうさま…あなたのお名前は?」
「アリョーナです。」
「アリョーナさんですね…いつもここでキャディのバイトをしているの?」
「いえ、不定期でバイトをしています。」
「そうかそうか…アリョーナさんは一生懸命になっておカネを稼いでいるけど…夢でもあるのかな?」
「夢?」

社長さんからの問いに対して、アタシは答えにクリョした。

お金がたまったら西海岸へ移住すると言おうとしたけど、『特に…決まった夢は…』と言いにくい声で答えた。

社長さんは『ないのかね。』と言うてから、なれなれしい声でアタシに言うた。

「それなら、ちょうどいいお話があるよ。」
「ちょうどいい話って…」

社長さんは、アタシにお見合いの話をすすめた。

社長さんがアタシにすすめたお見合いの相手は、トリビューンタワーの中にある総合商社の営業の38歳の男性社員のマーティーさんである。

マーティーさんは、ハーバード大学をトップの成績で卒業して、年収は20万ドル…

アタシの理想通りの結婚相手だわ…

…と思ったけど、マーティーさんのいる部署は、クレーム対応のお仕事である。

マーティーさんは、入社してから仕事ひとすじで通した。

なので、結婚相手と知り合う機会がまったくなかった。

社長さんは、そんなマーティーさんを心配をして、アタシとのお見合いの話を思いついた。

アタシは社長さんに『離婚歴が三度あるからお見合いをお受けできません…』と言うてお見合いをことわった。

ドイツとフランスとボストンで大失敗したので、サイコンなんかイヤ…

アタシの話しを聞いた社長さんは『それだったら、今度はしあわせになろうと言う気持ちはないのかね…』と上から目線で言い返した。

社長さんは『お見合いを受けないのであれば、ワシにも考えがあるぞ!!』と言うてアタシをおどした。

社長さんからおどされたアタシは、仕方なくお見合いすることになった。

9月21日にリンカーンパークの近くにある高級レストランでマーティーさんとのお見合いをする予定である。

それから数日後のことであった。

ところ変わって、エバンストンにあるマーティーさんの家にて…

マーティーさんの家は、同じ屋根の下で67歳の母親と65歳の父親とマーティーさんの3人が暮らしていた。

マーティーさんは、職場と家庭の間を往復する日々を送っていた。

「ただいま。」

ネイビーのスーツ姿で、黒の手提げのバッグを持っているマーティーさんは、ふてくされた声で『ただいま。』と言うた後、ダイニングへ行った。

冷蔵庫の中からバドワイザーの500ミリリットルの缶を3本取り出して、疲れた表情で自分の部屋へ行った。

ダイニングのテーブルでくつろいでいたマーティーさんのご両親は、心配そうな表情で会話をした。

「あなた…そろそろマーティーの嫁さんのことを考えてあげないと…」
「またその話か…」
「あなた!!マーティーの結婚問題にきちんと向き合ってよ!!」
「(めんどくさい声で)分かってるよぉ~…だけど、マーティーの年齢では条件が悪くなるのだよぉ~」
「(イライラ声で)あなた!!いいかげんにしなさいよ!!」
「(めんどくさい声で)怒んないでくれよぅ~」
「もういいわよ!!あんたがめんどくさいと言うのであれば、やめにするわよ!!」
「それは困るよぅ~」
「それなら、真剣に向き合ってちょうだい!!5年ないし10年のスパンで考えてたら、マーティーに嫁さんが必要なのは分かってるでしょ!!」
「ああ!!分かった分かった分かった…それなら時間が空いているときにしてくれ…わしは寝る…」

父親は、めんどくさい表情でダイニングから出ていった。

家のとなり近所のお子さまや家の親族の子の結婚や婚約が決まるなど、おめでたラッシュがつづく…

だが、ご両親はマーティーさんの結婚には無関心である。

お父さまは『めんどくさい』『頭が痛い』『しんどい』『目まいがする』『寝る』…と言うて逃げまくる。

お母さまは『そうね…それだったら、また今度にしましょう』と言うて、甘やかしまくる。

なんなのよ一体もう…

マーティーさんは38歳…

40代を目前にして、今後の人生設計を見直す時期である。

結婚したいのに、結婚相手に出会う機会がない…

そんな状態で職場と家庭の往復だけの暮らしを送るマーティーさんは、ヒヘイしている。

大学を卒業して、総合商社に入社してからずっとシカゴの本社勤務…

一度も転勤辞令を受けたことがない…

16年間、クレーム対応のお仕事で通した。

大学やハイスクール時代の交遊関係は、まったくない…

親しい友人知人はひとりもいない…

だから、ガールフレンドと出会う機会がない…

ぼっちで生きてきたマーティーさんに、ようやくチャンスが来た。

しかし、マーティーさんはお見合いする気はまったくない…

9月18日の昼頃のことであった。

ところ変わって、マーティーさんが勤務している職場の近くにあるフィルスファニーズ437ラッシュ(イタリアンステーキの店)にて…

マーティーさんは、ひとりで1食5ドル50セントのランチセットでランチを摂っていた。

その時であった。

マーティーさんが座っている席に、同じ会社のOLさんのメアリーさんがやって来た。

「メアリー。」
「マーティーさん、ここに座ってもいいですか?」

にこやかな表情でマーティーさんに声をかけたメアリーさんは、マーティーさんの向かいの席に座った。

メアリーさんは、マーティーさんが勤めている同じ会社の販売企画部のOLさんである。

カノジョは、社内恋愛で知り合ったカレと10月4日に挙式を挙げる予定である。

メアリーさんは、にこやかな声でマーティーさんに社内恋愛で知り合ったカレと挙式を挙げることを報告した。

マーティーさんは、気乗りのない声でメアリーさんに言うた。

「おめでとう…メアリーならいいお嫁さんになれるよ…」
「うれしい…」

マーティーさんは、メアリーさんに『結婚おめでとう…』と言うたけど、心のどこかでさみしさを抱えていた。

それから二時間後のことであった。

マーティーさんは、いつも通りにクレームの電話応対をしていた。

マーティーさんは、メアリーさんのことが好きとかつき合いたいと言う感情はない…

けれど、メアリーさんのようなお嫁さんがほしいなと言う気持ちはあると思う。

ここで、メアリーさんの婚約者の男性の収入とマーティーさんの収入を比較してみる…

メアリーさんの婚約者の男性は年収が50万ドル…

これに対して、マーティーさんはどんなにがんばっても月給950ドルのままである。

なので、マーティーさんはアタシの理想の結婚相手じゃない…

アタシは(男性個人の)年収50万ドルで、親きょうだいと離れて自分の住まいで結婚生活を営むことが絶対条件なのよ!!

結婚後も親きょうだいと暮らす男性なんか絶対お断りよ!!

話しは変わって…

マーティーさんの仕事が一段落ついた時であった。

マーティーさんは、社長室に行った。

社長室にて…

社長さんは、マーティーさんに過度にやさしい声で言うた。

「マーティーさん、16年間本社でずっとクレーム対応のお仕事で通していたよね…」
「それがどうかしたのでしょうか?」
「ワシは、マーティーさんはよくがんばっているからなんとかしてあげたいと思っているのだよ。」
「ですから、それはなんですか?」
「ワシは、マーティーさんに賞状を贈ると言うているのだよ。」
「賞状とは、なんでしょうか?」

マーティーさんは、社長さんにやや冷めた声で言うた。

社長さんは『ワシがウソをついていると言いたいのか?」とマーティーさんに言い返した。

そしたら、マーティーさんは社長さんにこう言い返した。

「この前、通勤手当てを加えてあげようかと言うて、1セントも手当てを出さなかった…その前も、似たようなウソをついた…社長のウソは聞きあきましたよ…」

マーティーさんの言葉に対して、社長さんは開きなおった声で言い返した。

「悪かったよぉ…あの時は、事情があったからできなかった…」
「社長、この際だから頭の医者に行かれてはどうでしょうか?」
「マーティーさん、ワシの頭は正常だよ…」
「ゼンゼン正常ではありませんよ…頭の医者へ行きましょうね…おだいじにィ~」

ますます冷めた声で社長さんに言うたマーティーさんは『お先に…』と言うて、社長室から出ていった。

「マーティーさん、待ってくれ…マーティーさん…」

(バーン!!)

社長室を出たマーティーさんは、ドアをバーンとしめた。

「コラー!!なんてことするのだ!!マーティーさん、戻ってこい!!」

マーティーさんにグロウされた社長さんは怒鳴り声をあげたが、マーティーさんの耳に届いていなかった。

マーティーさんに結婚ができるチャンスが来たよと言おうとしたのに…

なんなんだ一体もう…

マーティーさんがいる会社は社内恋愛をしているスタッフさんたちがいる。

けれど、マーティーさんは社内恋愛ができないことに激しい不満を募らせている。

社長さんは、16年間メッシホウコウで通したマーティーさんに、お見合いできる機会を与えると言うた。

マーティーさんは『身丈に合った女性が社内にいない!!』と言うて拒否した。

社長さんは『社内恋愛がイヤなら、よその事業所の女性スタッフさんを紹介する…』と言うけど、マーティーさんはそれも拒否した。

そんなにイヤなら、結婚せずに両親にメンドーみてもらえばいいのに…

…とアタシは思うけどぉ~

その日の夜のことであった。

メアリーさんは、婚約者のカレと一緒にトリビューンタワーの近くにあるおしゃれなカフェレストランへ行った。

ふたりでディナーを摂りながら、挙式披露宴やスイートホームのことなどで楽しくお話しをした。

その頃、マーティーさんは寄り道をすることなくエバンストンにある自宅へまっすぐ帰った。

帰宅したマーティーさんは、両親と言葉を交わすことなくダイニングに行った。

冷蔵庫の中からバドワイザーの500ミリリットルの缶ビールを2本取り出しながら『つかれた…しんどい…』と言うて、部屋に入って行く。

つかれた表情を浮かべているマーティーさんを見たお母さまは、お父さまに八つ当たりした。

「お父さん!!そろそろマーティーの結婚のことを真剣に考えてよ!!いつまで逃げ回るつもりよ!?」
「分かってるよぉ~…だけど、ワシはごはん食べた後だから眠いよぉ…」
「ンマア!!何なのかしら一体!!それじゃあ、マーティーにお嫁さんは必要ないのね!!よく分かりました!!」
「そんなことは言うてないよぉ~」
「アタシはもう寝ます!!明日は例会の予定があります…明日は早いから、5時に起こしてください…おやすみなさい…」
「待ってくれぇ~」

マーティーさんのお母さまは、お父さまに突き放す声で言うたあと、ダイニングから立ち去った。

マーティーさんの両親は、マーティーさんの結婚に無関心である。

その元凶は、マーティーさんの弟さんが19歳で同い年の女性と結婚(デキ婚であった)したことである。

『遊びたい時期に結婚したらしたので、自由に使えるおカネと時間がない…』とマーティーさんの両親は思っている。

それはどういう意味なのよ?

マーティーさんの両親の無関心が原因で、家族間の関係はきわめて悪化している。

ショージキ言うて、こんな状況でお見合いするのはしんどい…

そんなギスギスした気持ちを抱えたまま、アタシは9月21日にマーティーさんとお見合いすることになった。

マーティーさんとお見合いをする場所は、リンカーンパークの近くにある高級レストランで、時間は正午の予定であった。

9月21日のことであった。

朝方のバイトを終えたアタシは、着替えをすませた後、急いでお見合いが行われるレストランへ向かった。

アタシの服装は、黒のデニムのトップスの上から白のブラウスをはおって、ボタンはひとつだけ止めて、下はネイビーのデニムパンツをはいて、足元はリボンがついているサンダルをはいた姿で、右手に赤茶色のバッグを持っている。

アタシがレストランに到着したのは、12時20分頃であった。

アタシの応対に出た社長さんは、あつかましい声で言うた。

「アリョーナさん、遅いですよ…なにしていたのですか…ちょっとアリョーナさん…」

社長さんは、アタシの服装を見てビックリした。

社長さんは、アタシをどこかのナイトクラブの女だと思った。

あのねぇ…

アタシはこれしか…

着て行く服がなかったのよ…

アタシとマーティーさんのお見合いは、空気が淀んでいる中で始まった。

お見合いは、雰囲気が淀んでいる中で行われたので、マーティーさんの表情が硬く(かたく)なった。

社長さんの奥さまが『まあまあ、そんなに硬い表情にならないで、ふたりでお話をなされてはどうでしょうか?』と過度にやさしい声で言うた。

だから、ふたりとも口を閉ざした。

しばらくして、マーティーさんは社長さんの奥さまに『もう帰っていいっすか?』と言うて席を立った。

このあと、マーティーさんは勝手に店から出てどこかへ行った。

「マーティーさん、どこへ行くのだよ…アリョーナさんを置き去りにするのか!?」

社長さんは必死になってマーティーさんを呼んでいるが、マーティーさんの耳に社長さんの声は届いていなかった。

ブチ切れたアタシは、右足でお見合いの席をけとばしたあと、赤茶色のバッグを持ってレストランを飛び出した。

何なのよ一体もう…

アタシも、ダンナなんかいらないわよ…

アタシは、レストランから出たあとも怒り狂っていた。

アタシとマーティーさんのお見合いは、険悪な状態で終わった。

お見合いの翌日、マーティーさんは会社への不満をさらに強めた。

社長さんは、オタオタオタオタとおたついた。

マーティーさんは、自分だけ社内恋愛禁止だと言われたことに強い不満感を抱いている。

社長さんは、マーティーさんの不満をやわらげたいのでアレコレいじくりまわした。

社長さんは、アタシに電話をかけてマーティーさんと会ってほしいと申し込んだ。

その時、電話の応対をしていたのはホテルのオーナーであった。

オーナーはこわい声で『アリョーナちゃんは寝ています!!』と言うて、電話をガチャーンと切った。

それ聞いた社長さんは、さらにオタオタオタオタおたついた。

アホみたい…

アタシは、マーティーさんと再婚する気はまったくない…

なのに、社長さんは2014年10月4日にふたりの挙式の予定を入れた。

アタシはマーティーさん…ううん、あいつ(次からは表記変更する)と再婚しても婚姻届なんか出さないから…

社長さんのいじりが原因で、アタシはあいつの家と対立することになった。