「わぁ、素敵ですよ! モニカ様!」
「そ、そうですか……?」
 次の日、モニカはティカに着替えを手伝ってもらっていた。
 昨晩、マキウスから外出を提案されたが、今朝になると既に外出の用意がされていた。
 どうやら、昨晩中にマキウスが使用人に手配してくれたらしい。
 これまで着ていたシンプルなデザインの部屋着とは違い、外出着はレースやフリルが増えて少しばかり豪華であった。
 足首まで隠れる薄い菫色のドレスに、ヒールの低い紫色の靴。
 アクセサリーには先日、マキウスから貰った赤色の石がついた指輪を紐に掛けて首から下げていた。
「さあ、こちらで化粧と髪をまとめます」
 モニカが鏡台に座ると、ティカは手早く化粧をしてくれた。
「モニカ様はまだまだお若いですから、化粧は薄くしますね」
「若いって、ティカさんだって若いですよね?」
「いえ。私はこう見えても、24歳と旦那様と同い年です。旦那様と1歳違いのモニカ様より歳上ですよ」
「へ、へぇ〜。そうだったんですね」
(ティカさんとマキウス様は24歳で、私は23歳だったんだ……)
 御國は26歳だったから、モニカだけではなくマキウスも歳下になるらしい。
 モニカは始めて自分の年齢と、マキウス達の年齢を知ったのだった。

 すると、今度は部屋にペルラが入ってきたのだった。
「モニカ様、ティカ、旦那様の用意が出来ましたが、部屋に入れても良いですか?」
「もう少し待って下さい。今、モニカ様の髪をまとめますので」
 ティカはペルラに答えると、モニカの金髪を頭の後ろで1つにまとめてくれたのだった。
「いいですよ。用意が出来ました!」
 ティカは用意が完了すると、壁際に控えたのだった。
「それでは、旦那様をお連れします」
 ペルラが部屋を出てすぐ、アマンテに預けたニコラの嬉しそうな声が聞こえてきた。
 その声は、だんだんと部屋に近いてきたのだった。
「旦那様、そろそろニコラ様をこちらに……!」
「アマンテ、私もニコラをあやすのが上手くなってきましたよね?」