笹崎から水族館に誘われたのは翌々週のことだった。

水族館前で待ち合わせ。
私はベビーカーに咲良を乗せて来た。

最近、咲良は抱っこ紐もベビーカーも嫌がるようになった。
たどたどしくも走るような足取りも見えてきた。
泣き声も大きくなってきた。

だから電車の中は緊張する。

どんなに寛容な人たちが増えてきたって、公共の場は気を使う。

たった3駅だけど、揺れる車内、両足で踏ん張る。
座るとベビーカーが邪魔になるから。

水族館前の駅に着くと、パラパラと人が降りた。
意外とそう多くはない。

ホームに降りると、目に飛び込んで来る姿があった。

「おはよ、どうしたの?」
「ああ、ベビーカーかなと思って。」

笹崎はエレベーター前のベンチに座って待っていた。
水族館前で待ち合わせだったのに。

笹崎の姿を見て咲良が「だーだ!だーだ!」と騒ぐ。
もう笹崎のことをとっくに覚えた。

咲良の目線までしゃがんで頭を撫でる笹崎。
抱っこをせがむ咲良。

「抱っこしていい?」

突然聞かれてハッとする。

「うん、いいよ。」

私がそう答えると笹崎はベルトを外して咲良を軽々と抱っこする。
私の抱っこの時よりずっと目線が高くなって嬉しそうな咲良。
すっごく笑う。

誰も乗ってないベビーカーを押してエレベーターに乗り込む。

咲良のすごく嬉しそうな笑い声が狭い箱の中に響く。

最近、咲良は笹崎と二人でも平気だ。

こんな関係がずっとずっと続けばいいんだけど。
人の心は分からない。

笹崎だって自分の子どもが欲しいはずだし、なんなら私じゃなくて他の子の方がいいんじゃないか。

もし万が一、笹崎との間に子どもができても、笹崎は咲良と分け隔てなく愛情を注いでくれるだろうか。

そんなところまで考えていた。

考えたってどうしようもないのは分かっているけど。

未来のことは誰にも分からない。

咲良は時々抱っこから降りて歩きたがる。
笹崎はたまに注意しながら咲良を追いかける。