公爵令嬢ミレルダは目が覚めた。
今まで愛していたと思っていた王太子への想いも、抱え込んでいた孤独も、全て吹き飛んだのだ。
階段から落ちたあの日。起きてすぐミレルダはスッキリとした頭で思った。

「婚約破棄?好きにすればいいじゃない。私も好きにするから」

今まで好き勝手されたぶん、これからは好きに生きていく。
王太子は聖女と呼ばれる義妹と真実の愛とやらを見つけたらしいが、
とりあえずその聖女は紛い物だ。
ミレルダこそが本物の聖女だった。

そのまま婚約を破棄したミレルダはその足で自国を出ることにした。
もう貴族だのなんだのごめんである。
今度は好きに生きさせてもらおうと思った矢先、ミレルダは思わぬ人と会ってしまう。

「やぁ、初めまして。僕と恋人契約を結んで欲しいんだけど」

隣国の王太子である。
藪から棒の話にミレルダは困惑する。
そんなミレルダに、王太子は続けて言った。

「その代わり、身分の保証はするから」

城を爆破させて、公爵家も爆破した、本物の聖女でもある自分を祖国は探すだろう。
その話は渡りに船であった――。



\ 虐げられた真の聖女の人生大逆転劇、開幕!! /


好評発売中

あらすじを見る
母を亡くし、16年間虐げられてきた侯爵令嬢のミレルダ。国で唯一の聖女の判定を受けるも義妹にその地位を乗っ取られ、婚約者であった王太子も奪われてしまう。「婚約破棄?好きにすればいいじゃない。私も好きにするから」――本物の聖女であるミレルダは国に見切りをつけて出ていくことを決意!すると大国のイケメン王太子に保護され、聖女の力で次々と事件を解決する大活躍をして…!?
この作品のキーワード
聖女  婚約破棄  もう遅い  ざまぁ  王太子  溺愛