*◇*◇*


広くもない家の中をバタバタと走る音が聞こえる。

「莉子!莉子!」

バタンとドアを開ける音で、意識が浮上した。

「お願い!莉子 起きて!」

ぬぼーっと半身を持ち上げ、声の主を見る。

「着けて行こうと思ってたネックレスが絡まってたの。お願い!直して!」

そう言うと、私の手を持ち上げ、強引にネックレスを手渡したかと思うと、双子の妹の香子は慌てて部屋から飛び出して行った。

しばらく ぬぼーっとしていたが、時計代わりのスマホを確認する。

「8時25分…」

決して早すぎる時間ではないけれど、今日は日曜日。
10時くらいまでは惰眠を貪る予定だったのに…。


片岡 莉子(かたおか りこ)。24歳。

休日は、睡眠と読書だけが楽しみなのだが、早くも一つ目の楽しみは中断された。

はーっと溜め息をつくと、しぶしぶベッドから降りた。