四月下旬。


入学して二週間が経った。

既に授業は始まっており、私達一年生は新しい学校生活に慣れるため、真剣に勉強に取り組んでいる。



AM8:20



「おはよう実玖! 景斗さん!」

「おはよう!」

「おぉ~、可南子ちゃん! おはよう!」



兄と登校していると、後ろから可南子が自転車に乗ってやって来た。


私達が通っている服川(ふくかわ)高校まで、私と兄は徒歩10分、可南子は自転車で10分かけて登校している。

地元が同じなので、別々で登下校していても途中で合流することが多い。



「可南子ちゃんは部活入った?」

「あ~色々見学したんですけど、夏休みにも部活があるって聞いて、遊べなくなるのは嫌だなぁって思ったので結局入りませんでした!」

「そっかぁ。やっぱ帰宅部最高だよな!」

「ですよね! 自由ですし!」



帰宅部の二人に挟まれて歩く美術部の私。


部活体験の次の日に、私は迷うことなく美術部に入部した。

一年生もたくさんいて、先輩達も優しいので入って良かったと思っている。



実は最近、雪塚先輩と連絡先を交換して、今度のGWに一緒に遊びに行く約束をしたのだ。


兄に自慢しようとしたが、言うとこっそり尾行されるかもしれないと思ったので、今は内緒にしている。