コンコン━━━
「柚希?どうぞー」
「響ちゃん!お邪魔しまーす」
「柚希、鍵かけて?」
「え?」
「今日は女子会!だから邪魔はさせない!」
「フフ…わかった!」

「最近どう?柚希。震えとか……」
「うん…まだちょっと震えるかな?でもだいぶ落ち着いてきたよ」
「何?なんかあんの?」
「え?……ううん。響ちゃんは?最近どう?」
「なんかあるわね…!何?言って?」
「ほんとに何もないよ!大翔が大切にしてくれてるってことだし…」
コーヒーに口をつける、柚希。

「……うん?何の話?
………あー、もしかして…エッチしてないってこと!?」
「ブーッ!!ちょっ……響ちゃん!!」
「柚希!汚ーい!」
「だって、響ちゃんが変なこと言うからだよ!」
「…でも、図星みたいね…!」
「いや、ちが……はぁー。そうなの……。
どうしても身体が無意識に震えちゃって……」
「大は気をつかってるってことね!」
「うん」
「まぁ普通、そうなるわな…」
「でも不安で……」
「不安?」
「もしかしたら、他に理由あるのかなって?」
「大に限って、あり得ないと思うけど?」
「わからないよ…職場に可愛い店員さん、いっぱいいるし」
「え?見たの?」
「この前、中也くんと買い物帰りに覗いたの」
「そう…でも、大は柚希しか見えてないわよ!」
「そうかな…?」
「うん、誓えるわ!」

「どうしたら…震え、止まる?」
柚希は今にも泣きそうだった。
「無意識なんでしょ?怖い原因がわかればな……」
「それは、きっと忠司くんのことが、フ…ってフラッシュバックするからかな?」