「ただいまーー!みんなの叔母様が帰ってきたわよぉー!」
「広子さん!おかえりなさい!」
「柚希ちゃん!ただいま!随分迷惑かけたわね、柚希ちゃんには」
「いえ、みんなの役に立てて嬉しいので!」
「変わったことない?表にいかつい男性がいるのよね?」
「あ、それは…」
今将大さんの組の反対派が、この辺をマークしている為、毎日交代で将大さんの部下が、見回っているのだ。
その事をかいつまんで話す。

「そう…柚希ちゃんは大丈夫?」
「はい。今は誰もいないですけど、いつも誰かしらいてくれるから!
あの、それよりも、この方は…?」
「あー、今日からここに住む、肥村 市子(ひむら いちこ)ちゃんよ!」
「肥村 市子です。よろしくお願いします!」
「あ、大瀬 柚希です。あの私…」
「あっ大丈夫ですよ。広子さんに聞いてます。病気のこと」
「じゃあ…よかった…すみません、ご迷惑かけますが……」
「いえ、こちらこそ!」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
その日の夜、改めて挨拶をした市子。
大翔を見て、顔を赤くした。
「あ、惚れたな…」
玄の呟き。
「確実ね」
「また、一波乱あるな…!」
と響子と将大。
「どうしたの?三人とも」
「なんなの?」
「変な三人だな」
気づかない、大中兄弟と柚希だった。

「何も!
まぁ、あの大翔が目移りなんて、あり得ないけど……」
「だな(笑)」