「じゃあ今日はここまで。
皆、気をつけて帰るんだぞー」


たった今、SHRが終わった。

今日は1学期の始業式だったので、学校は午前中で終了。

はぁ、やっと終わった。


今日は、女子から睨まれるわ、注目浴びるわ。


一之瀬くんに『美月は俺のだから』とか。
『惚れさせてやるから』とか。

意味不明なこと、沢山言われたし。


おまけに澄野くんにもからかわれて……


なんだか、どっと疲れたなぁ。


まだ高校2年の初日なのに。


はぁ……早く帰りたい。


「みっちゃん、ごめん。
あたし今日急いでるから、先に帰るね」

「わかった。七星、気をつけてね」

「うん! みっちゃんまた明日ね」


七星が手を振って、教室を出ていく。


私もカバンを肩にかけ、昇降口へ向かおうとしたとき……


「みーつきっ♪」