好きだと思った瞬間。


私は涙を溢した。




この気持ちにはフタをしなければ…。




そう、思うのに。


好きだから、彼から瞳をを逸らせない。


でも…。

私は、何度も好きだという言葉を飲み込む。


彼との関係が壊れてしまわないように…。




相澤叶津(あいざわかなつ)


×


長谷川岳人(はせがわがくと)


目次

この作品のキーワード
21実話エピ  卒業  失恋  セツ恋