私は屋敷に帰ると両親に柚瑠木(ゆるぎ)さんとのお見合いが上手くいったことを伝えました。父も母もそれは喜んで「よくやった、月菜」と褒めていただきました。

「ありがとうございます。お父様、お母様。」

 私は両親に契約結婚に話をしようか迷いましたが、止めておくことにしました。
 きっとこの婚約が契約の上で成り立ったものだとしても、父と母は私に「それも一つの夫婦の形だよ」と、柚瑠木さんとの結婚を進めるでしょうから。

 バックの中に入れられたままの、柚留木さんに頂いた契約内容が書かれた数枚の用紙。後でしっかりと確認しなくてはいけません。

 父と母の嬉しそうな顔を見て、私も安心して自分の部屋へと戻る事にしました。席を立ち、両親に頭を下げる。

「お父様、お母様。今度こそ上手く相手に気に入られるように私、頑張りますから……」

「ええ、そうして頂戴。相手は二階堂財閥の御曹司、こんないい話は月菜さんには二度と来ないでしょうから。」

 母の言葉に胸がズキンと痛みます。
 そうですね。こんな私にはもったいないお話だとちゃんと分かっています。私にこれ以上失敗することは許されない。
 柚瑠木さんがどんな人だろうと、私はあの人と契約結婚をして妻として頑張るしかありません。