いつものように、狂ったように椿姫の身体を抱く。
琥珀はいつも夢中で、貪るのだ。

ベットのスプリングが軋み、椿姫の甘い声が響く。
「椿姫…今……何考えてる?」
「んぁ…琥珀のこ…と……」
「ほんと…?」
「琥珀のことしか…見え、な…い……よ?」
「なんか…俺とは、違う……
だって…椿姫の意識の中に俺以外の人間がいる…」
琥珀が椿姫の瞳を覗き込んだ。

「誰のこと…?」
「両親や、使用人…寛二のことだって……」
「それは…琥珀だってそうでしょ?」
「俺はね…誰も、何も…いらないんだ。
椿姫がいれば…何も……本気だよ…?」
「琥珀…?」
まるで催眠術のようだった。
椿姫は琥珀から、目が離せなくなる。

「最近…不安なんだ……
本当に椿姫と結婚できるのかなって……
俺が今我慢できてるのは、落ち着いたら結婚できるって思ってるから。
でも、色んな奴が俺達の邪魔をしようとしてる。
そんなの許されない!!
だから……
椿姫を支配する権利ちょうだい…!」

「支…配?
どうして?」

「そんなの………
椿姫は、俺のモノだからだよ!!」

「………なんか…琥珀、怖いよ…」

「椿姫を傷つけることはしないよ……
ただ…許してほしい。
束縛することも、嫉妬に狂うことも……
何があっても、俺から離れないで…
大丈夫。俺の支配は、椿姫を愛してるがゆえになんだから…!」