◇ ◇ ◇



「今日はありがとうございました」

「こちらこそ、お時間いただきありがとうございました」

 あっという間に時間は流れて、もう終わりの時間が来た。 時間が経つのはあっという間で、今日はちょっと早い気もした。

「では、わたしはこれで失礼します」

「……あの、美鈴さん」 

 初めてのお見合い?が終わり、帰ろうとした時、高木原さんに呼び止められた。

「はい?」

「もしよければ……。また俺と、会っていただけませんか?」

「え?」

 また会ってほしいと言われた時、どう答えればいいのか分からなかった。こういう時、なんて言うのが正解なんだろうか……。

「ムリにとは言いません。ただ俺は、美鈴さんとまた会って話したいと思っています」

「……じゃあ、また連絡します」

 彼にそんなこと言われたら、折れるしかないと思った。……こんなわたしに、また会いたいと言ってくれたから。

「え、本当ですか?」

「はい。 これ、わたしの連絡先です。……では、失礼します」

 わたしは彼に軽く頭を下げると、そのまま自宅へと戻った。