「…………。ん?」

 翌朝、目が覚めるとなぜかソファの上にいた。ふと時計を見ると、時間は朝の6時を指していた。

 なんだ。わたし、あの後そのまま寝ちゃってたんだ……。気が付いたら朝になっていたようだ。

「おはよう、お母さん」

「あら、美鈴おはよう。今日は早いのね?」

 目が覚めてキッチンに行くと、お母さんは朝ごはんを作っていた。

「うん。お兄ちゃんとリモートで話して、そのままソファで寝ちゃった」

「あら、そうなの?」

「うん。お兄ちゃん、元気そうだったよ」

 わたしがそう言うと、お母さんはお味噌汁を作りながら「そう。良かったわ」と答えた。

「……お母さん、何か手伝おうか?」

「あら、本当?じゃあ卵割ってくれる?」

「うん、いいよ」

 わたしは冷蔵庫から卵を何個か取り出すと、そのまま器に卵を割った。

「混ぜた方がいい?」

「お願いできる?」

「分かった」

 お母さんは元々、お父さんと結婚する前はキャリアウーマンとして働いていた普通の女性だった。だけどお父さんと結婚してから、立場が変わって、今では社長夫人だ。