「美鈴、何の映画観たい?」

 映画館に着いてすぐ、上映スケジュールを見ながら高木原さんは言った。

「えっと……。わたしは、これです」

 わたしが指差したのは、人気アニメの新作アニメ映画だ。今回は新作で、主人公の次に人気があるサブキャラクターが主役の映画だ。

「これ、面白いヤツだね。前作俺も観たよ」

「そうなんですか?」

「うん。面白かったよね」

 その高木原さんの問いかけに、わたしは「はい。面白いです」と答えた。

「じゃあこれを観ようか」

「はい。ありがとうございます、高木原さん」

「ねえ、美鈴?」

 そう言った瞬間に、高木原さんはわたしを見て言った。

「もう高木原さんじゃなくて、名前で呼んでほしいな。 なんか名字で呼ばれると、結構距離を感じる」

「……え? あ、それは……すみません」

 名前で呼ぶのが恥ずかしくて、ずっと高木原さんと名字で呼んでいた。だけどそれは、相手にとっては寂しいことだったんだと、ようやく分かった。

「いいよ。……でも、梓って呼んでくれると、俺はすごく嬉しいけどな?」