それから2週間くらいが経った時のことだった。

「美鈴、今度家に来ないか?」

「ええっ!?」

 梓さんとのデートの帰り、梓さんからそう言われた。

「美鈴のことを、ちゃんと両親に紹介したいんだ。両親の決めたお見合いとはいえ、美鈴のことを紹介出来てなかったから」

「……確かに。そうですね」

 言われるがままお見合いをして、交際することになったけど。確かにわたしも、両親を紹介していないし、紹介されてもいない。

「次の週末、両親ふたりともいるし、良かったら美鈴をちゃんと紹介したいんだけど。いいかな?」

「……はい。ぜひ行かせてください」

 わたしはその問いかけに、二つ返事をした。

「良かった。じゃあ両親にも伝えておくよ」

「はい。 よろしくお願いします」

 次の週末かぁ……。ドキドキするなぁ。

「美鈴、好きだよ」

「……はい。わたしも、好きです」
 
「うん。ありがとう、美鈴」

 好きな人に好きって伝えるのって、こんなにも嬉しくてドキドキするんだな……。だけどわたしは、そのくらい梓さんのことが好きなんだ。