「俺は美鈴のことを、本当に大切にしていきたいと思ってる。これから先の人生を、美鈴と共に歩んでいきたい。……そう思ってる」

 梓さんのその暖かな言葉は、わたしの心や胸を突き抜けた。

「……梓さん、わたし」

 梓さんの気持ちが嬉しくて、胸がドキドキして。なぜだか泣きそうになってしまった。

「美鈴、結婚しよう?」

「……え?」

「美鈴さえ良ければ、俺は今すぐにでも美鈴と結婚したいと思ってる」

 そんなわたしの胸のざわめきは、まだ続いた。

「美鈴のことを大事にしたい気持ちは、これからだってずっと変わらない。俺にはもう、美鈴だけだよ」

「梓さっ……」

「美鈴、泣かないで? 俺はずっと、美鈴のそばにいるから」 

 梓さんを見つめるその目から流れる涙を、優しく拭ってくれた梓さんは、そう話すとわたしの唇に優しくキスを落とした。 わたしはそのキスを、目を閉じて受け入れた。

「美鈴、今日は朝まで一緒にいたい」

「……わたしも」

 わたしは梓さんと、近くにあるホテルへと入った。そして部屋に入ってすぐ、梓さんと熱い口づけを交わした。