――あの日は絶望していた。自分の存在自体を否定されたと思っていたから。でも、今は違う。
 リーゼには頼れる仲間がいる。
 名前を取り戻すことができれば、公爵のことなんて気にしない。

「リーゼロッテ・フリードベルク。そなたに、クラウスナーの姓と伯爵位を与える。今後は、リーゼロッテ・クラウスナーと名乗れ。デリモの地を公爵領から、クラウスナー伯爵領の領地とし、そなたが治めるとよい」
「……はい、陛下。ありがとうございます」

 公爵家とは縁を切るけれど、リーゼとフランと母の縁は切れない。母の方に目をやれば、胸に手を当ててうんうんとうなずいていた。

「……リーゼロッテ」

 リーゼの方にかつて"父だった"人が手を差し伸べる。そんな彼を、リーゼは無表情で見返した。

「公爵。私はあなたが大嫌い。あなたは、自分の思うままに家族を操ろうとした。それって、本当の家族って言えるのかな? 私の家族は、お母様とフラン――それと、デリモのみんなだよ。あなたのことなんて知らない」

 いつもは自分のことを”リーゼ”と呼んでいた。フランチェスカに合わせて、子供のふりをするために。でも、今は違う。