温泉旅行から帰って来たが、

彼氏の航平さんの言葉や考えを思い出し

眠れなかった莉子。


「航平さんは、
自分に都合を合わせる私が好きなの?

私自身を愛してる訳じゃあないのかなぁ〜

結婚はしたいよ? でも…」