.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚


 それは、ごくごく普通に、どこにでも転がっている、一夜の過ちから始まった。

 お酒はそんなに弱いほうじゃない。かといってそれほど強い訳でもない。だからやっぱりお酒に酔っていたからだと思う。

 ただ、誤算だったのが、その相手との相性が頗る良かったことと、その相手が唯一の弱点を知っているいけ好かない同期の医師だったこと。

 そして一番の誤算だったのが、その男とある秘密を共有する羽目になった上に、セフレになってしまったことだ。


「……まぁ、まぁ、そんなに怒るなって。ま、てことで。これからはヨロシク。じゃあ、今日ちょっと予定あるからさぁ、俺、帰るわ」

「あっ、ちょっとッ!」


 昨夜は卒業した医大のプチ同窓会があって、久々に顔を合わせた仲間たちとそのまま二次会になだれ込んだ。

 ……まではよく覚えている。けれど、その後の記憶が全くと言っていいほど、残っていない。

 そのうえ、いつもは『酒飲むより寝てる方がいい』とかいって、バックレてばかりだった同窓生であり同じ病院に勤める同僚でもある外科医の窪塚圭に、どういう訳かお持ち帰りされたらしい。

 そこまではよくある話だし、まぁ、酒の席だし、そういうこともあるだろうから、今はちょっと置いておくとして。

 それよりなにより、信じられないことに、私、高梨鈴は、日曜日の早朝、午前六時三〇分ジャスト。

 たった今、大っ嫌いになったこの男、窪塚圭にセフレにされた挙げ句、ラブのつくホテルに置き去りにされようとしている。

 これは私史上最大の大誤算であり、人生最大の大失態だ。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚