振り返ろうにも、記憶が残っていないのだから、非常に癪だし、不本意だが、窪塚に確認するほかに知り得る術はないようだ。

 けれども、相当酔っていたとはいえ、長年敵視してきた窪塚に、おじさんのことを話していたとなると、他にも色々出てきそうで怖くもある。

 なので、あの夜を振り返る前に、先ずはさっきのことを振り返ろうと思う。

 今から遡ること数分前、職場である光石総合病院のメインストリートで行き交う職員らの前で、クズ男である窪塚に、強引に決行された公開処刑ともいうべき大事件が勃発したが、あの後もそりゃあもう大変だった。

 あまり思いだしたくはないが、何があったかというと……。

 同期のこのクズ男に、あたかも恋人同士の痴話喧嘩であるかの如く振る舞われた上に、仲直りのキスの演出まで演じさせられる羽目になったのだ。

 それだけでも腸が煮えくり返るくらいに、腹が立ってしょうがないというのに……。