「ご、ごめんなさい。私、勘違いして、灯に酷いこと言って……」

「いや、俺も感情的になってた部分もあるからお互い様だ。でも、とにかく牡丹には無理だけはしないでほしい。それだけは、絶対に約束してくれ」


 私を見る灯の目は力強いのに、瞳の奥には僅かな不安が揺れているような気がした。

 私が母親としてお腹の子を守れるのか不安なように、灯もきっと父親として不安に思うことがたくさんあるんだ。

 私達はふたりで力を合わせて、お腹の子を守っていかなければならない。

 ひとりでは難しいことだって、灯とふたりでなら乗り越えていけるような気がするから不思議だ。


「わかった、約束する。私、絶対にお腹の子を無事に産んであげたい。それで、私も生きてこの子を抱きしめたい」


 お産に絶対なんてない。それでも私はこの子のためにも灯のためにも、今できる精いっぱいのことをしていきたいと思うんだ。


「あ……今、お腹の中で動いたかも」

「え? どこだ?」

「ほら、ここ……」


 灯の手を掴んで、たった今振動を感じた場所にのせれば、またお腹の中でポコポコと空気が弾むような感覚があった。


「本当だ。今、動いた」

「でしょ? きっと今、自分もここにいるよーって、一生懸命教えてくれてるんだね」


 手と手を重ね合わせれば、じんわりと胸が温かくなった。

 大丈夫、私達はひとりじゃない。

 心の中でそう言って微笑めば、お腹の中にいる愛しい我が子が「一緒に頑張るよ」と答えてくれたような気がした。