「久世先生、お疲れ様でした。お先です」


 外来診療が終わった昼十二時過ぎ。

 診察室で今日診た患者の電子カルテを読み返していたところに、昼食に上がっていく看護師たちが声をかけていく。

 それに「お疲れ」と返しながら、カルテの画面を閉じた。

 さて、と……。何食うかな。

 午後はオペを担当した患者の経過観察と、カンファレンスが入っている。


「あ、おい、久世」


 脳外科外来を出て医局に向かっていく途中、後方から名指しで呼び止められた。

 振り返った先に近づいてきたのは、同期で救急医の曽我(そが)達樹(たつき)

 ここ、帝慶医科大学病院の高度救命救急センターに在籍している。

 俺自身も救命救急センターには脳外科分野で所属していて、曽我と共に仕事をすることは少なくない。


「お疲れ」

「ちょうどいいところにいた。お前に訊こうと思って」


 これから搬送患者でも診るのか、曽我はどこか忙しそうな口調で駆け寄ってくる。


「どうした」

「いや、少し前に搬送されてきた患者、お前と同じ久世っていう苗字の女性だったから。まさかお前の奥さんだったりしてってチラッと思っただけ」

「え?」

「なんか、保育園? 幼稚園の先生みたいだな。仕事中に倒れたとかって──」