いつの間にか無言で指を動かしていた。お互いに張り合うようにパートを交換しながら、同じ曲を何度も何度も繰り返す。繰り返しているうちに曲の調子が変化していく。アレンジされた新しい曲。それは化学実験を繰り返して生まれた新種の鉱物みたい。

 どちらからともなく、笑い声が零れる。わたしたちが奏でたのは、シューベルトが作曲した偉大なる二重奏(グラン・デュオ)ではない。自分たちで作ってしまったグラン・デュオ。

「そういう顔もできるんだ」

 弾き終えて、くすくす笑いつづけるわたしの耳元で柊が囁く。耳朶を優しく揺する低い彼の声は、わたしの頬を赤らめるには充分すぎる。

「何」
「楽しかったよ」

 そのときは、彼が口にした一言の重さに気づけなかった。弾き終えた達成感が、わたしの感覚を麻痺させる。だから深く考えなかった。
 繊細な彼の指が、わたしの顎骨にふれる。甘い疼き。彼の指が、震えている。
 柊の双眸を見つめながら、首を縦に振る。

「わたしも」

 そして、どちらからともなく、片方の手を握り、指を絡める。彼の顔が近づくのを見ながら、瞳を閉じる。


 共にした感覚は、一瞬。