柊がいなくなったことに気づいたのは一つ目のバンドのパフォーマンスが終わって、休憩に入った時。

「一人?」

 掴まれた手の先にいたのは見知らぬ男性。柊はどこに行ったんだろう。わたしに見せたかったものってなんなんだろう。もう見せ終わったから一人で帰ったのだろうか? 知らない場所に取り残されてしまったわたしは、心細くなって思わず彼の名前を呼ぶ。

「柊は?」
「なんだ、アキフミの彼女か。芸高の制服だからそうだろうなぁとは思ったけど」

 目の前が真っ白になる。アキフミ。柊の下の名前……の、彼女。誰が? わたしがか?
 きょとんとした表情のわたしを余所に、彼はジィンと名乗る。たぶん芸名みたいなものなんだろう。わたしもネメと素っ気無く告げる。

「ネメちゃん。次、アキフミ出てくるぜ。最高の演奏するからよぉく聴いておけ」
「柊が?」

 もう何が起こっても驚くまいと思っていたのに、その決意は呆気なく翻りそうだ。