11時になり、手土産を持って千佳の家へ向かう。
子供にもおもちゃを買った。
何にしていいかわからなかったが男の子のように見えたので車を買ってみた。

おもちゃ一つ、何を買ったらいいのかわからないなんて情けない。


ピンポン…

「はーい」「あーい」

2人の声が聞こえる。 

インターホン越しに千佳が出た。

急に声が低くなり、
『何しにきたの?もう話したくないって言ったけど。』

『俺は話したい。謝りたい。』

『この前謝ってもらったからもういい。もう過去のことだから。帰ってください。』

『そうはいかない。帰らない。ちゃんと話したいんだ。』

『私はもう話したくないって言った。もう聞きたくない。』

ガチャ…インターホンが切れた。

俺は仕方なくエントランスの生垣に腰を下ろし千佳達が出てくるのを時間が許す限り待つことにした。
今日出てこなくても明日もくるつもりだ。
 
今を逃すともう2度と千佳とは繋がれないだろう。

今がターニングポイントだ。