……なんてな。

































今は早く寝て、明日に備えるのが最優先だ。























その夜は、俺も緊張していたのか、なかなか眠れなかったけど、穂希の微かな笑い声に包まれている間に、いつの間にか、寝息を立てていた。