いったい俺は胡桃先輩の何を苦しめているんだろう?

それさえもわかっていない時点で、もうダメなのかもしれない。


胡桃先輩の頭を優しく撫でる。

こんなに好きで愛しいのに今は遠い存在…。


胡桃先輩を幸せにしたい!

…のに苦しめている。


俺じゃダメなんだろうか?…


でも、どうしよう…

やっぱり胡桃先輩から離れられない。


俺はどうしたらいいんだよ…。