それから日に日に体調は悪くなっていった。

欠勤も早退も増えた。


部長には全てを打ち明けた。

相手が葵くんということだけを伏せて。


「はぁ…」


治ることのない吐き気と闘う。

仕事に全く集中できない。

「胡桃そろそろ時間じゃないの?」


と琴音が腕時計を見ながら言う。

「あ、本当だ。ごめん、行ってくる」


吐き気がひどく、飲食が難しいわたしは産婦人科で点滴するようになっていた。

今日はその点滴の日。