仕事が終わり、従業員出入口を出る。
「桔梗」
「あ、天聖さん!」
「今日は俺が迎えに来たよ!」
「フフ…嬉しいです!」
満面の笑みで、天聖の元に駆けつける桔梗。

両手を広げて、待っている天聖。
腕の中に収まった。
「なんか幸せだなぁ。
こんな風に抱き締め合えるの」
「はい!」
「帰ろ?」
「はい!」
微笑み合う二人。

「桔梗ちゃん?」
「え……?北林さん?」
「あれ?いつもの人と違う」
「北林って…」
「この人が、彼氏?」
「はい、そうです」
「へぇーこの人が……
桔梗ちゃんの周りはイケメンばっかだね」
まじまじと天聖を見る、慶司。

「北林さん、私達もう帰るのでこれで……
天聖さん、行きましょう?」
「うん、そうだね」
「桔梗ちゃん」
「え?」
「桔梗ちゃんはモテモテだね~!モテ期なのかな~」
「は?」
「いつも来る男性も、桔梗ちゃんに惚れてるみたいだし……」
「え?」
「え?って、桔梗ちゃん気づいてないの?」
「増見さんが私に惚れるわけないです。
それに、天聖さんの前で止めてください!
天聖さん、帰りましょう」
天聖の手を掴み、引っ張る桔梗。
「………」

「桔梗ちゃん、俺は諦めないよ!
やっと逢えたんだから…!」

【やっと、逢えた…】
これは天聖と桔梗の第一声。
桔梗は天聖の手を握りしめていた。
「止めてください……その言葉は言わないで下さい」
「え?」
「それは、私と天聖さんの大切な……」

「もう…いい加減にしろ」
天聖の言葉が響いた。