就業時刻が近くなった時刻に、京子からメールが来た。


“今日の帰りに買い物付き合ってくれない?一杯おごるからね!”


私はすぐに返事を返す。


“OK!今日は定時で帰れそうだから大丈夫だよ!”


京子と私は仕事が終わると、急いで買い物に向かった。
京子の買い物は悩む時間が長い、途中で退屈になってくるが、そこは友人として我慢する。

「ねぇ、…恵美、どっちがいいかな…この色も良いよね?」

化粧品売り場でリップの色に悩んでいる。

「京子は美人だからどっちでも似合うと思うよ…」

「…うーん。」


やっと決まった!
買い物を済ませると、そろそろお腹が空いて来た私達は、夕食とお酒が楽しめるお店を選んだ。

「恵美、このお店どうかな…お洒落だしね…中にイケメンが居そうだね。」

「京子はまた男の話…居たらいいけどね!」

店内に入ると、落ち着いた木の温盛を感じるインテリアが心地良い。
私達は、カウンター横のテーブル席に案内された。
カウンターには常連さんと思われる男性がお店の人と話をしながらお酒を楽しんでいた。

「恵美、超ラッキーだよ…すごいカッコいいよ!カウンターの人!」

興奮している京子に言われ、振り返るようにその男性を見た。
確かに京子が興奮するの解る。
カッコいいというよりも、美しく綺麗な顔の男性だ。
背も高くセンスも良い感じがする。

京子は小声で囁いた。

「後で…絶対に声かけようね…ふふふっ」

「もぉ、京子は積極的過ぎだよ…」

暫くするとその男性に、待ち合わせをしていたと思われるもう一人の男性がやって来た。
京子がその男性を見て慌てている。

「め…めぐ…恵美…龍崎部長だよ!!」

龍崎部長はその男性に、何か話しながらカウンターに近づき、隣り合うように座った。
周りの女性がざわつき、振り返っている。
美形男性二人のオーラはかなり目立っている。


「京子…まずいよ…帰ろう…見つかりたくないよ…」

「何言っているのよ…こんなにラッキーなことないよ。龍崎部長に挨拶に行こうよ…」


こういう時の京子の行動力はすごい…

私の手を引き、龍崎部長へ近づいた。