この物語はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは関係ありません。また、疾患や医療行為の表現は実際とは異なる場合があります。






辛い境遇とハンディキャップを乗り越え、この春晴れて新人看護師となった雨宮雛子(アマミヤ ヒナコ)は、激務の8A病棟へと配属される。

そこでプリセプター(教育係)となったのは、イケメンで仕事も出来るけどちょっと変わった男性看護師、桜井恭平(サクライ キョウヘイ)。

その他、初めて担当する終末期の少年、心優しい美人な先輩、頼りになる同期達、猫かぶりのモンスターペイシェント、腹黒だけど天才のドクター……。

それぞれ癖の強い人々との関わりで、雛子は人として、看護師として成長を遂げていく。

やがて雛子の中に芽生えた小さな恋心。でも恭平には、忘れられない人がいて─────……?

仕事に邁進する二人を結ぶのは師弟愛?

それとも─────。



おっちょこちょいな新人と、そんな彼女を
厳しくも溺愛する教育係の
ドタバタ時々シリアスな
医療物ラブ?ストーリー!!


【お知らせ】9/14
ベリーズカフェにて鷹峯先生のスピンオフ作品、「腹黒天才ドクターは私の身体を隅々まで知っている。」連載中です。作中には性的表現がございますのでご注意下さい。

目次

この作品のキーワード
溺愛  両片想い  シリアス  コメディ  切ない  じれじれ  トラウマ  ヒロピン  看護師