「琴美さーん」
  
 役員用の廊下から

 振り向けば副社長第2秘書の戸田瞳さん、秘書課に移動してきた初日から普通に声をかけてくれた人。


 西洋人形のように白い肌とパッチリとした目に二重、栗色のロングヘアー、彼女のような女性を本当の美人だと初めて合ったときにおもった。


 誰にでも優しい、その性格が私も……


 私は化粧で誤魔化しているにすぎない。自分で言っておきながらちょっと落ち込みそう。


 心の中で正直、全部が羨ましいと、叫んでしまいそうになる。
 
 

 そんなことを心に押し込んで笑顔で答える。
 

 「瞳さん久しぶりです。ランチですか?」


 「琴美さん、せっかく会えたので社食でランチ一緒にどうですか?」
 
 
 せっかくの誘いだけど、後でお姉様達いじめられたりしないだろうか?

 「私と一緒で瞳さんの立場は大丈夫ですか?」
 
 と聞くと優しい笑顔とはっきりした声で大丈夫と答えくれた。

 私は安心してほっと小さく息を吐く。


 二人でエレベーターに乗り社食へ、昼時なので混雑していたけど、運良く窓際の席に座る事が出来て良かった。