まだ考えを変えることはできる。私がハーキム氏の探せないような外国で暮らせばいいのだ。

 居ても立ってもいられなくて、パジャマの上からカーディガンを羽織ると、部屋を出て隣の月城さんの部屋のドアをノックしていた。

 内側から現れた彼は先ほどのシャツとスラックス姿だった。手にスマホを持っているので、誰かに連絡を取っている最中だっただろうか。

「ごめんなさい。電話中でしたか?」

「いや、メールを打っていた。入って。いや、テラスにしよう」

「自分の部屋から行きます」

 テラス用のサンダルがあるからだ。

 自室からテラスへ行くと、月城さんは缶ビールを二本持って出てきた。

 私の方のソファへ座り、プルトップを開けた缶ビールを差し出される。受け取った私は月城さんの隣に腰を下ろした。

 彼はひと口ビールを飲んでから、気だるそうに私を見やる。

「お前の言いたいことはわかる。だが、もう決まったんだ。とやかく気をもまないでいい」

「気をもまないでって……いいんですか? 大事なことですよ? 月城さんには恋人がいるんじゃ――」

「現在恋人はいない。だから安心していい」

 いなかったんだ……。

 なぜか安堵している自分がいる。

「俺はすぐに人を好きにならない。かといって恋人がいなかったわけじゃないが」

 彼の次の言葉に胸がツキッと痛む。