おそらくかなり技術のいることなのだろう。

「この一か月想像して練習してきた成果が出せそうな映像だ。」
「本当に・・・?」
すがるような視線を雅に送ると雅は力強くうなづいた。

「大丈夫。絶対に成功する。大丈夫。」
自信に満ちたその表情に私も頷いた。

「組織検査は注射針よりも少し太い針を直接組織まで刺して、周辺の細胞をとる検査なんだ。かなり痛みがあると思うけど、麻酔は使えない。数名の助手が晶の体が動かないように抑えさせてもらうけど、なるべく動かないように、晶も頑張ろうな。」
私のお腹にできている腫瘍は、子宮に近いとほかの医師からすでに聞いている。

だから、組織検査もエコーの画面をみながらではもしかしたら子宮まで傷つけてしまう可能性があると言われていた。妊娠してから週数がたっていたとしてもいつ何があるかわからない。その状況で、リスクのないことなどないとも言われている。