直真(なおさだ)お兄様、仕事が終わったら、一緒に食事でもいきません?」

「すみません。今日は残業でして」

目をうるうるさせたお願いポーズが可愛い。
あんな技もあるわけね。
心のメモに残しておこう。
姫愛ちゃんはあの手この手で直真さんを誘惑していた。
使えるかどうかは別にしてよ?
女子としては勉強しておこうかなって余裕ぶっていると―――姫愛ちゃんが直真さんの手を握った。

「どうしても?」

ちょっ!それはだめでしょ!?
椅子から立ち上がり、スパンッと姫愛ちゃんの手に手刀を落とした。
ふう。
油断大敵。

「直真さん、書類どうぞ」

ついでにドサッとコピーが終わった書類を置いた。

「ありがとう。有里」

直真さんと目が合い、私を見てにこやかに微笑んでいた。
こ、このっ!
絶対にわざとだ!