◇◇



トラ吉脱走事件から2日が経過した、月曜日の朝。



「────本当、終始バタバタしてたよ」

「大変だったね……。でも無事に戻ってきて良かった」



登校してきた月香ちゃんに一昨日の出来事を話した。


あの時は一気に血の気が引いて、軽くパニックになってた。

お父さんがいなかったら外で取り乱してたと思う。


ちなみに、病院には間に合った。

お兄さんと入れ替わるようにお父さんがやってきて、その場でお母さんに連絡して迎えに来てもらったんだ。

ちょうど病院にキャンセルの電話をかけるところだったみたいで、ギリギリセーフ。


外を歩き回ったからケガしてないか心配だったけど、どこも異常なし。健康状態も良好とのこと。

助けてくれたお兄さんには感謝してもしきれないぐらいだ。



「それで昨日、家族みんなで柵を買いに行ったんだよね。これぐらいの」

「えっ! そんな大きいのを⁉」

「うん。猫ちゃん、1メートルは軽く跳ぶし。運動量が多い子もいるから1番大きいのを買ったよ」



事件があった日の夜、家族会議が開かれ、1時間話し合った。

その結果、リビングとキッチンを中心に柵を設置することに。