◇◇



月日は流れ、2月下旬。

学年末テストを終えて帰宅した私は、全身鏡の前に立って悩んでいた。



「うーん、白のほうがいいかな……」



茶色と白色のトップスを手に取り、鏡の前で当てる。


今、何をしているのかというと、これから外出するため、着ていく服を選んでいるのだ。


ベッドの上には、トップスとボトムスがたくさん。

なぜこんなにも大量に服を引っ張り出したのか。


それは……。



──ピーンポーン。



「世蘭ーっ! 一ノ瀬くん来たよー!」

「はーい」



下にいる母に返事をし、持ち物を確認して部屋を出た。



「お待たせしました。お迎えありがとうございます」

「いえいえ。こちらこそ、時間作ってくれてありがとね」



玄関を開けると、ピカピカに磨かれたヘルメットを被った零士先輩の姿が。

そのすぐ後ろには、青空の下、光り輝いている青いバイクも。


そう。これから零士先輩と一緒にお出かけするの。

しかも行き先は──。



「お家の人は、お母さんだけですか?」

「ううん。弟もちょうどテストだったから、多分いると思う」