防具を身に着けて、後ろに乗る。


今日はツーリングではなく──零士先輩のお家にお邪魔しに行くのだ。



学校とは逆方向にバイクを走らせること、十数分。

住宅街の中にある一軒家に到着した。



「ただいまー。連れてきたよー」

「はーい!」



玄関を開けた途端、返事と共に、奥からドタバタと足音が聞こえてきた。



「こんにちは。はじめまして。零士の母です」



やってきたのは、母と同年代ぐらいの、パッチリした目が特徴的な女の人。

零士先輩のお母さんだ。



「はじめまして。零士さんとお付き合いしています、市瀬世蘭と申します」

「いえいえ〜。こちらこそ。来てくれてありがとう。零士がいつもお世話になっております」



玄関先で握手を交わす。


この優しく包み込むような触り方……先輩とそっくり。
顔のパーツも、大きな目や笑顔が似ている。

体型は父親似、顔立ちは母親似かな?



「さぁさぁ! 中でたくさんお話しましょ!」

「はいっ。お邪魔します」



靴を脱いで家に上がり、リビングへ。

持ってきたお土産を渡し、ソファーに腰かける。

すると。