「つむちゃん、今日の予定は?」
朝食後、いつものようにコーヒーを飲みながら都麦に聞く刹那。

「あ、今日はねー美容室に行こうかなって!
髪型スッキリさせたいなぁと…!」
「へぇー、それは楽しみだな!」
刹那は都麦の髪の毛に触れ、遊びだした。

「フフフ…楽しみにしてて!
………なんて(笑)」
「どこの美容室?」
「私が前に働いてたカフェの近くだよ!ちょうど道路挟んで向かいのとこ!」
「道路挟んで向かい……あー!
………でもそこって、男の従業員いるよね?」
「え?あ、うん」
「………」
考え込んでいる刹那。

「あ、でも!私の髪の毛を切ってくれるの、いつも女性の方だよ!いつも同じ人に頼んでるから!
引田さんっていうの!」
「そう。わかった。でも、男には触らせないでね!
つむちゃんに触れていいのは、僕だけなんだからね!」
「う、うん…わかった」

「あーそうだ!忘れてた!」
「ん?」
「今日からスマホのチェック、毎日させて?」
「………」
「あと電話帳は、今チェックさせて?」
そう言って、手の平を出してきた刹那。


「…………は?」
思わず、フリーズする都麦。
「“女”の友達はいいけど、男の連絡先は消して?
この際だから、整理しよ?」
しかし刹那は、当然のように話を続けている。

「………」
「つむちゃん?」
「刹那さん、そうゆうのは……」
「もしかして、僕に見せられないの?」
「え……そ、そんなことないよ…?ほんとだよ?」
「だったらいいでしょ?
ほら、見せて?」
穏やかに微笑んでいるが、雰囲気はかなり恐ろしい。

都麦は恐ろしくて、拒否できなかった。
少し怯えながら、恐る恐るスマホを差し出した。

「ん。ありがと!
…………あ、つむちゃん」
「は、はい!」
「そんな肩に力入れなくても、怒ったりしないよ?
ロック、解除して?」
ゆっくり人差し指を出し、解除する。
刹那は慣れた手つきで、操作していく。

「つむちゃん、これ誰?」
「これは?」
と一人一人確認し、刹那と由利や佐和など一部の友人と瞬作、家族、行きつけの美容室などの店以外は“全て”消去された。