瑛実ちゃんは「碧維が羨ましい」と。
「似てなくても、可愛がって育ててくれている碧維が羨ましい」と。

何となく彼女の言葉に、親との距離感が見えた。


「でも碧維は、顔は私にそっくりだと思うけど……」
「まぁ確かに、似てるか」

そうクスクス笑い、ようやく彼女の笑う顔が見れた。


「私ね、バイオリンが上手なお姉ちゃんが欲しかったんだ。嬉しい」

そう言って、毛布の中に潜り込んでいく。


──もう碧維のことがバレてしまった以上、私はこの家と関わっていかなきゃいけないのはわかる。

だけど私は、この家と…昂志郎さんと、離れようと決めていた。

──ずっと前、今日と同じ光景を見たことがある。

実家で暮らしている時、家には地元の老舗デパートの外商がよく訪れていた。

義理の兄、異父妹は親と一緒になって、楽しそうに商品を選んでいる。その姿を私は──遠くから眺めているだけ。
いつも私は、その中に入れて貰えなかった。

相応しくないから。安物でいい。
その刷り込みは、未だに私を苦しめる。


──あの中に、私が居る姿を想像できない。