「あ……んぁ…あぁ…ぁ…神ぃ~もっとぉ~」

高級タワマンの最上階。
命所有のタワマンだ。

ベットルームでベットのスプリングが響く中、命と女が抱き合っている。

命が果てて、命は組み敷いていた女から下りサイドテーブルの上の煙草を取り吸い出した。

「神~、もっと……!」
「やだ!早く帰りな?
クロからタクシー代をもらってね!」
「お願い…もう、一回だけ……私を愛して…!」

「は?」

「え……」
途端に命の雰囲気が、黒く染まる。

「俺に、愛情を求めるな!
そんなこともわからないなら、もう二度と相手にしない。お前はあくまでも、俺の精力処理の女の一人なんだから!」
「そんな……」
「金持って、早く消えろ!!
一気に、気持ちも身体も冷めた……」

命の恐ろしさに女がそそくさと、逃げるように去っていく。
「精力が有り余ってるってのも大変だ、俺!
あーあ、天使ちゃんを抱きたいなぁ~!
天使ちゃんなら、一晩中でも愛を囁いて抱けるな(笑)」

自嘲気味に呟き、苦笑いする命。

そのまま一箱煙草を吸い終わり、新しいのを買ってこさせようとクロを呼ぶ。

クロ(黒崎 行真)は命の忠実な部下で、一徹と由那の次に信用できる男だ。

「ねぇ!!クロー!!!」
返事がない。
スマホを取り出し、黒崎に電話をかける。

「…………出ない……………」
だんだん、命の機嫌が悪くなっていく。

スマホをフローリングに向かって投げつけた。

「あーーーー!!!!イライラする!!!」
命はベットを下り、簡単に服を着てマンションを出た。

命の住んでいるタワマンの一階には、コンビニがある。
そこに煙草を買いに向かった。

「いらっしゃいませ」
コンビニには、女性店員が一人いた。

レジに向かい、命はその店員に言う。
「その5番を1カートンちょうだい」
「はい」
フワッと微笑んだ、店員。

その笑顔が、由那と重なった。

「可愛い……」