「誰がそんな酷いこと言ったのよ?」

「会長です」

「イブのやつー」
 本人がいないにも関わらず、ノエルは口を横に広げてイーっとしてから、ヘレンにお茶をすすめる。
「はいはい、ヘレン。飲んで飲んで」

「でも、アスカリッドで今までにないくらいの甘美小説ブームが来てますからね。甘美小説で釣れば、新入生もきっと入部してくれると思うんですよね」
 すすめられたお茶を一口飲んでから、ヘレンが言った。

「そうそう。それに新入生が入学するまでにはまだ四月(よつき)もあるわ。ゆっくり考えましょう。甘美ならばきっとその時までにもっと盛り上がると思うのよね」
 ノエルの笑みは不適だ。その笑みの先にはアイリーンがいる。ノエルの顔を見たアイリーンは背筋がぞくっとした。