正確にはこれは嘘ではない。
そんな夢もみていた。
ただし、淡い初恋のたぐいの憧れであって、零士さんよりも彼と絶対に結婚したい、といった気持ちはまったくない。

「……そうか」

私から顔を離した零士さんの口もとは、なぜか嬉しそうに緩んでいた。

「なら仕方ない。
……とでも言うと思ったか?」

とりあえず今日は諦めてくれたんだと、ほっとしたのは束の間だった。

「へ?」

トン、と肩を突かれ、いとも簡単に身体はベッドへ倒れ込む。

「残念だったな」

零士さんが覆い被さってきて、私を見下ろす。
したいのなら腹を括るしかない。
しかし、ここで?
人目はないとはいえ、外なのに?

「俺は」

彼の手が私の頬に触れ、ぶるりと身体が震える。
怯えた目で次になにをされるのかと彼を見ていた。

「清華の目に俺だけしか映らないほど、俺に溺れさせたい」

眼鏡越しに見える瞳は熱く蕩けている。
きっとあのレンズがなければ、やけどしそうなほどに。

「……覚悟、しとけよ」