音芽(おとめ)

 ベッドに下ろされてすぐ、温和(はるまさ)に優しく名前を呼ばれて、私はくすぐったさに首をすくめる。

「口、開けて」

 正面に立って私を見下ろす温和(はるまさ)から熱っぽく言われると、彼と何度も唇を重ねて、それが何を意味するのか覚えてしまった身体は、いやらしくもこれから起こることを期待してキュン、と疼いてしまう。

 言われた通り、おずおずと小さく唇を開くと、温和(はるまさ)がしゃがみ込むようにして柔らかい唇を重ねてくれる。
 そうして無防備に開いたままの口中に、彼の舌が伸びてきて――。
 ぬるりとしたなめらかな感触に、私はゾクッと身体を震わせる。

「音芽、お前、キス、好きだよな」

 うっとりと彼の蹂躙になすがままだった私に、温和(はるまさ)がククッと笑ってそんなことを言う。
 どちらの唾液とも分からないもので濡れ光った私の唇を、温和(はるまさ)が優しく拭ってくれる。

「そっ、そんなことっ……」

 ないって言えなくて語尾がゴニョゴニョと濁る私を見て、温和(はるまさ)が堪えきれないようにギュっと抱き締めてきた。

「俺は……お前とキスするの、好きなんだけどな?」

 温和(はるまさ)は本当、ずるいっ。
 いつもはこの上なくひねくれもので素直じゃないくせに。
 エッチの時だけはやたらと素直なんだもの――。

温和(はるまさ)はやっぱり……」

 ジキルとハイドだと思う。
 その言葉を寸でのところで飲み込んで、私は彼にしがみついた。